地震に耐えられるか|地質調査や地盤調査は業者に任せて安心|快適な生活を守る技術

地質調査や地盤調査は業者に任せて安心|快適な生活を守る技術

地震に耐えられるか

住宅模型

様々な手法の地震対策

日本はいつどこで大きな地震が発生するかわからないので、住宅を建てる際には地震対策を行う必要があります。地震対策の法律として耐震住宅の基準が建築法で定められていますが、耐震住宅だけでは地震対策には有効な手段と言えません。免震と制震という手法を用いることで住宅の強度を更に高めることができます。免震とは地震が発生した際に建物自体は揺れますが、衝撃を分散する構造になっているので建物に被害が生じにくくなります。一般的には、住宅の基礎部分に工事を行い地震の揺れに対して同じ動きをすることで被害を最小限に留めることができます。制震とは、地震を制御する方法で最近新しく登場した技術です。これらの地震対策を行うことで住宅の耐久性を高めることができます。

それぞれの費用について

阪神淡路大震災で多くの建物が倒壊したことによって、住宅と地震に対する概念が大きく変化する事になりました。大切な家族の命と財産を守る為に、住宅を建設する際には地震対策を行うことが義務付けられています。耐震施工だけでは建物に衝撃を受けることになるので、地震が発生するたびに建物が損傷します。すでに耐震設計で住宅を建設している方は制震設備を施すことで、住宅の損傷を防ぐことができます。工事費用が比較的手ごろな値段になっているので、制震対策を行う人が少しずつ増えています。免震住宅が建物への損傷は少なくなりますが、工事費用が高額になるので金銭的に大きな負担になります。新築住宅であれば、減税措置を受けることができるので予算と考慮して最適な方法を選ぶことが可能です。